最低金利から抜け出せるか?

近年の日本の金利借入は最低金利だといえます。
長く続いたデフレの影響や、銀行同士の顧客獲得競争の影響でどんどん金利借入が下がっていきました。
そしてこの最低金利といえる状態が長く続いている、つまり不景気が長く続いている状態といえます。

アベノミクスと呼ばれる安倍政権による景気対策によって恩恵をうけているのは
いまのところ一部の大手企業に限られ、住宅ローンなどの一部のローンでは金利の上昇傾向もみられますが、
日本の企業の99%を占めているとされる中小企業ではまだ恩恵を受けるには程遠く、
実感すら感じられないというのが正直なところなのではないでしょうか。

低金利で借り入れできる商品が多く存在するが

借り入れに関して言えば、現在はさまざまな借入商品があり、
借入する側が自分にあった借入商品をじっくり選べる時代になっていると言えます。
これもつまりは、借り入れの需要が少ないがゆえ、融資を行う業者が知恵を絞って
さまざまな商品を揃えてるからにほかならないでしょう。

近年の日本の状況

しかし、借入は誰でも出来るわけではありません。
借入をする前に借入にあたっての審査があり、審査に通過した人だけ借入が出来ます。
審査に通過する方というのは、借入先が審査をしてこの人なら返済してくれるという信用がある方です。

誰もが最低金利で借りられる?

借入をする際は勤続年数や年齢、他に借入がないのか、
過去に滞納したことがないのかなど借り入れ履歴などの信用情報がかなり重要になってきます。
そして借入が出来ても、誰でも金利借入が最低金利で適用されるわけではありません。
インターネットで見ていた金利で借入が出来るだろうと思っていても違うことがあります。
審査結果で判断されるので審査を受けてみないと分からないのです。

審査結果によっては最低金利で借りれるような信用は得られないので、
少し金利を上げてなら借入が出来るといった場合もあります。

金利借入も、審査基準も借入先によって違います。
審査結果が出るのはその時期によって違うので、
出来るだけ余裕を持って早い時期に審査してもらうことが大事です。
何社か審査を受けて見比べて自分の返済プランに会った借入先を見つけることが重要です。